02≪ 2011/03 ≫04
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-12 (Sat)
ご心配いただいた方へ
わが家は無事です。

昨日の東北地方太平洋沖地震で大和市は震度5弱の揺れがありました。
桃花を抱っこして、出入り口確保、リード持ってTVつけて…
と、一人で心細く揺れがおさまるのを待ちました。
お隣のおばぁちゃんの安否を確認し、情報収集。
IPフォンは問題なくつながり、姉、両親と連絡を取り合うことが出来ました。
twitterはリアルタイムで連絡を取り合えたので、
家に一人でいても誰かとつながっているという安心感を得られました。
twitterは使えるようになっておいた方がいいデス!

ヒメは下校するところで、ちょうど保健室の前だったので
すぐに保健の先生に保護され建物の中で先生に守られていました。
児童クラブまで担任の先生に送っていただいたそうです。

ダンナはDOCOMOのiモード災害用伝言板を利用して「無事です」と伝えてきたので、
会社にお泊りかと思ったら、公衆電話から連絡があり、
出張先の下丸子駅で帰宅難民しているから迎えに来てほしいとのこと。

大渋滞を覚悟して
ヒメと桃花と食料、お茶、フード、着替え、パソコンなどを車に積んで出発。

ところがものすごい車の量で大和市を脱出するのに2時間かかってしまいました。
2時間半かけてやっと江田駅あたり…という頃、電車が動き出しました
ダンナから自力で帰れるとの連絡(主にtwitterでやりとり)があり、
渋滞におさらばしてUターンして自宅に向かいました。
下りはスイスイで30分で帰ってこられました。
その一時間後ダンナも無事帰宅。

twitterではうじゃっく仲間から渋滞や開放施設の情報、アドバイスと励ましの言葉をいただきました。
皆さん本当にありがとうございました。

帰宅難民は予想していたものの
「会社から帰ってこれずに泊まる」というところまでしか考えていませんでした。
出張先だったり、通勤途中だったり、予想していないような場所で被災することもあるわけで
もっともっと考えておかなければ行けないと思いました。

本当に必要なことの情報収集は難しいです。
被害が大きいところはもっと切実だと思います。
今回はIPフォンとtwitterがとても役に立ちました。
ダンナはこの日がtwitterデビューだったので、自力では全く情報を集めることが出来ていませんでした。
どんなツールも使い慣れておくということが大事だと思いました。

今回ワタシが桃花の避難のために用意したもの
リード、鑑札、フード、水、毛布、トイレットペーパー、ビニール袋

家族のために用意したもの
着替え(下着、リラックスできる服装、フリース)、毛布、タオル
クラッカーなど簡易食料、お茶、水、紙コップ、
携帯、充電器、パソコン、Skype用カメラ、住所録

忘れてしまったもの
懐中電灯

最後に

仙台近辺にいる叔母、叔父、従弟が無事でありますように

どうか地震の被害がこれ以上大きくなりませんように

被災された方が少しの時間でもホッとできますように



スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

承認待ちコメント * by -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。